スポンサード リンク

医龍2 第7話あらすじ

医龍2 第7回あらすじ

朝田龍太郎(坂口憲二)がチームドラゴンの結成を推し進める北洋病院。そんなチームに外科医の外山誠二(高橋一生)が加わることとなった。

ですが、麻酔医の小高七海(大塚寧々)にはチームドラゴンに入るつもりはさらさらない様子だ。

そんな時、"スーパードクター"と循環器外科医、松平幸太朗(佐藤二朗)に呼びかける高見香奈(川島海荷)という少女と、その母親である紀枝(高橋ひとみ)が訪ねて来た。

実は数年前に松平は、この親子の生体肝移植を成功させている。紀枝は食道癌を患っているので、スーパードクター松平のいる北洋病院ならと頼ってきたのだ。

実のところ紀枝の肝臓転移が食道癌に見つかり、手術の危険性が大きくなっしまったので野口賢雄(岸部一徳)が北洋に転院させたらしいのだった。

 一方、北洋では、入院してきた紀枝に対して早急な手術を医師たちは求めるのですが放射線治療と投薬で様子をみようと松平は、手術を避ける。

そんな中、片岡一美(内田有紀)と野口が明真では会っていた。野口は、少なからず朝田が着任してから上がる北洋の人気が面白くないのだった。

野口の不満を取り除いて安心してもらおうと、片岡は、明真の名を高めようと鬼頭笙子(夏木マリ)を一流マスコミに取り上げさせる。

朝田が紀枝の早急な手術を北洋の医局カンファレンスでは、訴えるつづける。しかしそこに、酔っ払った松平が入ってきた。一体松平がそこまでして手術を避ける理由とはなんなのか?

紀枝がそんなある夜、大量吐血してしまい大変なことになってしまうのだった。
posted by 医龍2 at 13:27 | 医龍2 あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。