スポンサード リンク

医龍2 第8話あらすじ、視聴率

医龍2 第8話あらすじ、視聴率 

北洋病院に黒田智樹(本郷奏多)という1人の少年の患者が来る。

黒田俊彦(野村宏伸)はその少年の父親なのだ。そして朝田龍太郎(坂口憲二)の腕を頼りにして北洋病院に来たのだった。

しかし、小高七海(大塚寧々)が北洋病院にいると知った俊彦の顔色が急に変わる。

実のところ黒田智樹は麻酔師の小高の息子なのだった。

ぜんそくの重積発作で小高の息子・智樹が幼少の頃に治療を受けた際に緊急手術で小高は留守をしていたのだった。

しかも皮肉な事に、その治療中の麻酔医のミスで智樹は片半身不随となってしまい、そのとき以来、智樹の父親である俊彦は小高のことを恨んでいた。

そういう事情もあり朝田たちに小高が智樹の手術に入らぬようにと注文をつけるのだった。

そんな中、明真のリスクマネージメント部長である野口賢雄(岸部一徳)は、チーム鬼頭の鬼頭笙子(夏木マリ)に明真大学付属病院に心臓移植関連学会協議会のメンバーが来るサイトビジットの日程が決まったことを報告してきた。

認定施設となる明真を自分の夢が近づくことにたいして野口は満足していた。

一方北洋病院では、伊集院登(小池徹平)は朝田のチームドラゴンに外山誠二(高橋一生)が入ったことで自信を失いそうになっているのだった。

そして片岡一美(内田有紀)が働くイーグルパートナーズ社では、片岡は社に経過報告するのだったのだが、会社の上司から北洋の案件を詰めるよう責められてしまう。

そして小高は外され見学室で見守る中智樹の手術が始まるのだった。



【予想視聴率】
徐々にチームドラゴンのメンバーが揃いつつあるなか残るのはスゴク手術には必要不可欠の麻酔師小高の存在。そしてどんどん明真と北洋の進退が決まりつつある。

最終話に向かって徐々に視聴率をあげていってもいいと思いますので私の予想視聴率は15%にとどめておきその後から(第9話)ドンドン上がって行くのではないかと思います。
posted by 医龍2 at 18:05 | 医龍2 あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。