スポンサード リンク

医龍2 第9話あらすじ

【医龍2 第9話あらすじ】

9歳の患者である雄太(田中碧海)が母の音部美和(長野里美)に伴われて北洋病院の朝田龍太郎(坂口憲二)のもとに来た。

藤吉圭介(佐々木蔵之介)たちチームドラゴンのメンバーたちには朝田は、2年前に雄太は朝田がバチスタ手術をした時の患者だと説明をし始める。

アフリカのNGOで朝田が働いていた時に手術した雄太なのだが、年をたって心機能が悪化したらしいとのことだった。

心臓の移植手術も美和たち両親は思いついたのだったが、高額医療となるためにその選択は無理になった。

そういう理由のため、再び朝田のもとに来る事となったのだった。

そんな時、野口賢雄(岸部一徳)が明真大学附属病院の自室で倒れていたのだった。

木原毅彦(池田鉄洋)がそんな異常に気づいて急きょ応急手当をすることに。

木原は狭心症かも知れないと疑って、鬼頭笙子(夏木マリ)に報告しようとするが、野口がさえぎったのだ。

心臓移植関連学会協議会によるサイトビジットを成功させるまでは、自分の病気を野口は鬼頭たちに知られるわけにはいかなかった。

そして北洋を去ろうとするする美和を見ていた片岡一美(内田有紀)に藤吉が声をかけた。

片岡は雄太の病状を聞いてその対処法を藤吉に尋ねる。

親というのはわずかな望みに賭けるのが本当で、移植の可能性がないからと放り出してはいけないと藤吉は答えた。

そしてそんな中、明真の野口の病状は優れなかった。

心配する木原に、自分を救える医師は世界に1人しかいないと野口はつぶやくのだった。

そして、なんとあの野口はつぶす気でいた北洋に行き、院長の善田秀樹(志賀廣太郎)に自分の命を助けてほしいと願い出る。

次の日、北洋の院長の善田は野口が北洋での治療を望んでいると朝田たちに告げる。

その言葉に、新しいチームのメンバーたちは・・・・。
そして、朝田の答えは・・・。


【医龍2 第9話 視聴率予想】
前回第8話の視聴率は17%近くでした。

あと最終話までわずかとなった医龍2。それに向かってここから視聴率もどんどん上がっていくものだと思いますね^^

私の予想としては18%まであがるのではないかと思います。
こんどこそは予想が当たってほしいです。
posted by 医龍2 at 21:16 | 医龍2 あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。