スポンサード リンク

医龍2 第10話あらすじ

 野口賢雄(岸部一徳)は朝田龍太郎(坂口憲二)に手術をしてもらったことで、明真大学付属病院を心臓移植実施施設とすることに大成功したのだけども片岡一美(内田有紀)が手術と交換条件として提示した条件を野口は無視してしまう。

片岡とのビジネスパートナーとしての関係を野口は解消してしまう。しかも、チームドラゴンの明真への受け入れも、音部雄太(田中碧海)の手術がもしも成功したらと、自分の好きなように解釈をしていたのだった。

サイトビジットで心臓移植実施施設として認可された後、記念すべく第1号の心臓移植患者を手術することになった鬼頭笙子(夏木マリ)の患者はVIPの山野会長と決定したのだが、一方でユウタ君の病状に関して朝田もカンファレンスを実施するためにチームを集めた。

9歳の雄太は鬼頭の患者と比べると、心臓移植の順番がくる可能性はすごく低くくなっている。

あるとき伊集院登(小池徹平)に朝田はチーム鬼頭に参加するように命令した。チーム鬼頭の心臓移植手術の技術を学んでユウタ君の手術に備えるようにと朝田は伊集院を諭した。

そんなある夜にユウタ君が肝硬変を発症してしまうのだった。ユウタ君の生体肝移植の実施を母親から行うと朝田は宣言する。そして病気でくじけてしまいそうなユウタ君に絶対に治してみせると朝田は約束した。

そして、ユウタ君の生体肝移植手術の当日に一本の電話が明真に入る。

チーム鬼頭の患者である山野会長のドナーがようやく見つかったのだった。伊集院は鬼頭の命令で、心臓を受け取るために出て行くのだった。

そんなことが院内で起きていると知りながら、朝田たちはユウタ君の生体移植手術を実施しはじめる。

そんな中、山野会長の心臓移植手術の準備を鬼頭も着々と順調にすすめていくのだったのだがそんな中・・・・。

【医龍2 第10回視聴率予想】
第9回の視聴率は17.6%と素晴らしい数字をたたき出しましたね^^
次回は本当に最終回に近いですし内容的にも盛り上がって行きそうなのでぜひ20%を超してほしいと思います。
posted by 医龍2 at 13:37 | 医龍2 あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。