スポンサード リンク

医龍2 最終話 あらすじ

いよいよ医龍2の最終回ですね^^
本当に期待してしまいます。

<<最終回あらすじ>>
朝田龍太郎(坂口憲二)のチームドラゴンの音部ユウタ君(田中碧海)という9歳の患者さんに、チーム鬼頭で心臓移植オペを血液アレルギーで断念するほか無かった山野文彦会長(中村まこと)へのドナー心臓が譲られることになった。

ユウタ君は松平幸太朗(佐藤二朗)が担当して生体肝移植手術中だったのだが、朝田は異例の同時に心臓移植も行う事を決意してしまう。

オペが始まった。チームドラゴンは、天才麻酔師である荒瀬門次(阿部サダヲ)に言わせると"世界最強のチーム"だと言う事だ。

子供のユウタ君にに大人のドナー心臓を移植、しかもなんと言っても、生体肝移植と同時に行うことは非常に困難なオペ。しかも、ユウタ君の胸をいざ開けてみると、予定以上の癒着が見つかったのだけども、朝田は冷静にオペを進める。

明真大学付属病院の医局員たちの耳目を朝田たちチームドラゴンのオペは、集めだす。

そんな騒然としている医師たちの中、1人の男が明真に登場。霧島軍司(北村一輝)だ!!

またそんな中、片岡一美(内田有紀)が見学室で、藤吉圭介(佐々木蔵之介)にどうして外資に身を置くようになったかを説明をしていると、オペ室で内線電話が鳴る。

受話器を取った荒瀬は愕然してしまうなんとドナー心臓を取りに行った伊集院登(小池徹平)が多数のドラム缶が道路で炎上しているために足止めを食っているというのだった。

それを聞いた片岡はなんと!!。



<<医龍2最終話 視聴率予想>>
医龍2は最終話を残し今までの視聴率はだいたい15%ほどでしたので最後のクライマックスにはぜひ20%越えを果たして欲しいと個人的に応援しています。

決して無理な話ではないので期待していますよ^^

20%越しても特に私にはなんの得もないのですけどね^^;
posted by 医龍2 at 18:20 | 医龍2 あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。