スポンサード リンク

医龍2の登場人物・出演者一覧

★医龍2の登場人物・出演者一覧
(登場人物:出演者)


・朝田龍太郎(主役):坂口憲二
医龍とよばれ心臓外科医としては天才的な腕を持っている。人の命を救うのなら手段を選ばず、規則やルールさえ破る事もしばしば。バチスタチームを結成しバチスタ手術成功後、明真大学付属病院をさる。しかし突如また明真に再び現れる事になる。


・片岡一美:内田有紀
ひき逃げにあった医療ジャーナリスト。ひどい重傷になりまわりはあきらめるがそこに医龍である朝田が現れる。チームドラゴンの活躍を知り朝田に興味をもつ。謎めいた存在。


・伊集院登:小池徹平
朝田に会う前は皆の影に隠れていた存在で医局のやり方に疑問を感じていた研修医であった。しかし朝田の厳しい指導のもとで腕を磨いていく。性格が幸いしてとても繊細な仕事を得意とし技術も買われる。朝田のアシスタントを勤めるようになる。朝田の生き方に影響を受ける。バチスタ手術後は自身をつけ一人前になる。


・霧島軍司:北村一輝
明真時代は何かと朝田龍太郎を敵視し邪魔をしていく。エリート路線を行く。実力は朝田に並ぶ物を持っている。明真大学付属病院を去りアメリカのコロンビア大学の客員教授になる。朝田に対する憎悪はもうない。


・荒瀬門次:阿部サダヲ
明真大学付属病院の救急救命部麻酔医で全身管理を司る麻酔のプロである。明真大学付属病院救急救命部に「手術一回につき100万円」という高額な報酬で雇われているほどである。その仕事ぶりは赤ん坊すら麻酔薬を使った時の理想である「ゆっくり数えて7つ」で麻酔を効かせ、的確な判断で生体肝移植のドナーの術中死を未然に食い止めるほどの凄腕。バチスタチームに入る。朝田の素早い手術に唯一対応できる天才麻酔師だが朝田がバチスタ手術後に去った後覇気が無くなってしまっている。


・里原ミキ:水川あさみ
天才看護師。朝田と医療支援NGOを供にした。オペ看(器械出し)として手術中の看護師としてサポートする。下手な医師よりも度胸と腕がある。朝田を慕っている。霧島軍司とは異母妹。


・木原毅彦:池田鉄洋
権力者に弱く顔色ばかりうかがうお調子者でゴマすり上手である。自分の保身を第一に考え行動する嫌な人間。以前は朝田を嫌いバチスタチームの邪魔ばかりした。


・藤吉圭介:佐々木蔵之介
明真大学付属病院循環器内科医師。内科医としては優秀。しかし患者の立場になりすぎて外科医に患者を渡せず問題を起こす事もたびたび。朝田の腕を認め自らバチスタチームに入る。手術後の患者の経過を管理する。バチスタチーム解散後は地方の病院に勤務するが復帰することになる。


・鬼頭 笙子:夏木マリ
客員教授。外科医。以前は朝田を常にERに欲しがっていた。朝田の型にはまらない手術や性格を支持する。数少ない味方であった。


・野口賢雄:岸部一徳
朝田や加藤、霧島を利用し総長を狙うが朝田に降り回されバチスタチームの邪魔をした。だが総長になれなかった。最終的にはタイの姉妹校に左遷されてしまう。 医龍2では明真はバチスタチーム解散後患者数が激減し経営難になる。病院経営再建のため、チームドラゴンのかつての宿敵であった野口が、教授を含めた全医局員の人事権を持つリスクマネージメント部長として復帰する。



posted by 医龍2 at 22:37 | 医龍2 登場人物

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。